本文へスキップ

電車のおもちゃで笑顔を創る 亀鈴プラレールクラブ こまち

トピックスTOPICS

ちょとした小ネタを不定期で載せていきます

タカラトミー も 迷惑!?                12/28 作成

 2017年の運転会は 40回 延べ 115日間 の開催でした。
数字にしてみると 凄いな〜
1年の 1/3弱 プラレール しているじゃないか・・・
 
 これだけ 運転会していて 一番 大変な思いをしているのは・・・
亀鈴スタッフ と思われるでしょうが・・・違います。
 
  運転会は 朝から夜まで 休憩なしで 働かされ、
  休みたい、と言っても 休ませてもらえず、 
  普段は狭い所に押し込められ、
  落とされたり、乱暴を受けても 文句も言えず、
  人気のないものは あまり 気に留めてもらえず、
  それでも 毎度働かされ続ける・・・

そう、一番大変なのは プラレール車両達 です。
これだけ酷使されるのだから、そりゃぁ よく壊れます。
1回の運転会で 3台 は壊れます。
壊れ方は 様々で、モーターが弱くなったり、ギア が割れたり、連結が割れたり、配線が切れたり・・・
直せるものは 頑張って なおすのですが、モーターや ギアはとっても面倒で時間もかかる。
なので、手っ取り早く 修理に出しちゃいます。

今回修理に出した車両 145台!!! 
修理金額 ¥98,280 !!!

まずは、程よい段ボールを スーパーマーケット でもらってきて、壊れた車両を並べて入れます。
段ボールに びっちり きれいに並べたら タカラトミー アフターサービスセンター なる所に郵送します。
程なく、見積もりの連絡が来ます。
いつもは 電話で ¥〇〇 ですが、いいですか?と訊かれるのですが、今回は 郵送で来ました。
修理が終わると 代引き で送られてくるのですが、金額が高いので、運送業者さんから連絡が入ります。
「代引き ¥98,280 ですが、お伺いしてもよろしいですか?」 と。
よろしくありません。
そんな大金、常に用意しているわけではありません。(ウチはセレブでもなく、普通の一般家庭です)
電話がきたのが土曜日だったので、月曜日に配達お願いしました。
月曜の朝一で銀行へ。
こうして 壊れた車両たちは わが家へ 帰ってくることになりました。
10/26 に修理に出して、返ってきたのが 12/11  1か月半 の出張でした。
通常だと 2〜4週間で修理が返ってくるのですが、あまりに多いので これだけ かかりました。

こうして 返ってきた 車両たち 、これで終わりではありません。
ちゃんと走るか 確認します。
1台1台 電池を入れ走らせ また電池を入れ走らせ を145台。
考えるだけで 嫌になっちゃいます。
それでも 何とか 走行確認 終了。
しかし、それぞれのケースにしまうのが面倒で、再び箱に入ったまま 放置中・・・。

















 こんな でっかい段ボール で送られてきます。         ダンボールの中には 小段ボールが 8つ。
                                積み上げると結構な威圧感















 小段ボールの中は こんな感じ               修理された車両。
 一つ一つ 丁寧に梱包されています。            動力部をごっそり交換で きれいになっています。

修理に出すときは、車両ごとに 何の不具合かを 貼ります。
亀鈴 では面倒なので、テープやシールに「動かない」「ギア割れ」などを書いて貼っちゃいます。
タカラトミー に修理を出せば、モーターやギアごと 新品に替えてくれて、頼んでもいないのに、
ネジが無いものはネジを付けてくれたり、電池蓋が無いものは付けてくれたり、と細かい気遣いもしてくれます。
(もちろん 有料)

今回修理に出した 料金の一例
・モーターユニット交換  ¥600  (モーターやギアごと交換)
・スイッチ調整      ¥300  (そのまんま、スイッチ が固くなっていた)
・車軸ギア交換      ¥300  (モーター側ではなく 車輪側のギア交換)
・電池蓋ネジ       ¥100  (電池のネジなし、ネジ穴つぶれ)
・動力一式交換      ¥1,000 (ライト付きなので こんなに高価)
・分解、調整、再組立て  ¥300  (何か調整してくれたのでしょう)
・配線交換        ¥600  (配線をつないでくれます)

1台につき、上記のどれか1つ ではなく、いくつかを組み合わせての修理もあるので、
かなり高額になることもあります。
トーマスシリーズの おしゃべり系 だと、
「モーターユニット交換」「配線交換」「分解、調整、再組立て」で合計 ¥1、500  新品の半額・・・

ちなみに、段ボールに入らなかった 車両もあるので、壊れた車両数は 145台 よりも もっとたくさんあります。
また 100台 を超えて 出す気になったら 修理に出します。

タカラトミーの修理担当者さん、ず〜っと ひたすら プラレールを修理し続けたんだろうな・・・。
ありがとうございます。





ハンバーガー トンネル 【ある男の こだわり】      10/22 作成

 毎年 秋にある イベント・・・

    ハンバーガー プラレール

 マクドナルド や 雑誌「めばえ」等で でもらえる 券 を持って、プラレールを買うと 
ハンバーガー プラレール がもらえる というもの。
昨年までは ハンバーガー貨車 (運転会でよく走っている 赤黄青 のハンバーガー)だったのですが
今年から ハンバーガートンネル になりました。

 しかし、 小さいし、ただ色を塗っているだけだし、使い道あまりないし・・・ (あくまで 個人の感想です)
で購入に反対したのに ハッピーセットを 3つ 買い、安くもない トーマス のプラレールセットを 3つ 買い ・・・(確かに金キラトーマスは 替え が欲しかったが) ハンバーガートンネル を 3つ 手に入れた。

 そこまでして 手に入れたかった理由は ・・・ 毎年 手に入れているから・・・
 何でそんなところに こだわるか・・・本人さえ それ程 魅力的でなかった(あくまで個人の感想です)、と言っているのに・・・。

 しかし、そんなどうでもいい こだわり が 亀鈴 の資材の量と種類に反映されている。
映画なんか見たこともないのに、「アイアンマン」のプラレールも 買っていた。
  (購入して2か月半、やっと箱を開けていたので、そのうち 運転会でお披露目されるだろう)

 プラレールの収集基準は 面白い、楽しい、奇抜・・・そう思っていたが、何にこだわりがあるのか
よく分からない・・・。

今回は どーでもいいような お話でした。

 ちなみに、手に入れた トーマス セット はしばらく購入した お店の袋に入ったまま 数か月〜数年
放置されるでしょう。 いつものことです。 
 数年前に手に入れた ブルーストリーム はいまだ 箱 から出てきておりません・・・。
(この トピックス を見て やばい・・・ と思ったのか 翌月 には整理されていました。)



 運転会 開催への 道のり                   9/19 作成

運転会を開催していると「いつも楽しみにしているんです♪」と嬉しいことを言って下さることがあります。
皆様、運転会の予定を ホームページ や Facebook 、紙の案内 でチェックして遊びに来てく れているようです。(感謝)
お客さんの中には、「よくここで運転会するよね」「何で、こんな遠いところですることになったの?」と思われている方もいるかもしれない・・・
ということで、皆さんが疑問に思っている(かもしれない) 運転会 開催 への流れ を公開します!!
※ 亀鈴プラレールクラブ こまち は入力するのに長くて面倒なので(スミマセン) 「亀鈴」と略します。

@ 最初の一歩は 依頼 から

何事にも 始まり といのがあります。
プラレール運転会の場合、依頼がくる ことから始まります。
依頼が来る方法は様々・・・メール(ホームページに掲載のあのアドレスです)、電話(この時代に、と思うかもしれませんが)、 知り合い(ほどんどプラレールで知り合った)からの紹介、中には運転会で普通にお客さんとして来て「面白そう!」と思ってその場で直接、なんてのもあります。
ダントツに多いのが メール。
じゃあ、どうやって 亀鈴 を知ったのか?

・実際の運転会を本人や家族が見て、それを聞いた旦那さんがウチでも、といパターン
・プラレールを使ったイベントをしたくて、ホームページを検索していたら 亀鈴 のホームページを発見、というパターン
・住んでいる亀山市の制度「市民活動応援制度」に登録しているのでコミュニティから、というパターン(電話での依頼がコレです)
・鉄道イベントなどで知り合った鉄道関係のイベント業者やサークルというパターン

そして見事、 亀鈴 を発見してくれるとホームページや名刺を見て依頼のメールなどがくるわけです。

A 説明
 大抵 依頼はメールでくるので、 メールでお返事します。
しかし、メールでは 説明しきれないことも たくさんあります。
そこで、メールでは まどろっこしいので 電話で打ち合わせします。

しかし、プラレール運転会が どんなものか 知っているか?
そもそも、プラレール自体もよく分からない・・・
こんな時は、メールはおろか、電話でも・・・説明できない・・・説明しても 伝わらない  

そこで、まずは 亀鈴 の運転会を見に来てもらうよう お願いします。
来てもらえれば、
 ・運転会が どのようなものか
 ・机やステージ台などの土台がどれくらい必要か
 ・お客さんが持ってきた車両を走らせる 持ち込みレーン
 ・亀鈴 の ポリシー(一応 あるんですよ)
 ・搬入や搬出、組み立て にかかる 時間
等などを説明します。
ただ、話の好きな 代表 、全然関係ないこともしゃべっていますが・・・。
たまには そんな代表に もう帰る と言えない 依頼者は おしゃべりに 何時間も付き合うことも・・・。

とりあえず、運転会の様子 を分かってもらえました。

次回 は B 調整 です。
気分屋 なので いつになるかは??

亀鈴プラレールクラブ こまち

三重県

お問い合わせ muta1010katsura@yahoo.co.jp